テーマと関連した内容を書くことでSEO対策

現在の検索エンジンはタイトルや見出しだけで判断していない

古いSEO対策の中に、タイトルタグや見出しタグの中に徹底して重要なキーワードを入れるというものがありました。当時のロボット型検索エンジンは、本文よりもサイトのタイトルや見出しを重視して、ウェブサイトのテーマを判断していたからです。しかし、そのせいでサイトのタイトルや見出しと本文の内容がまったく合っていないページが検索結果の上位に出てきてしまう結果になりました。そのため、検索サイトを運営している会社は、サイトの内容や質を判断するプログラムをアップデートし、タイトル、見出しと内容が合っているページをより重要視するようになったのです。
したがって、現在のSEOは、サイトのテーマをタイトルや見出しに記し、それに合った文章を書くのが必須になっています。

本文に同一キーワードを書きすぎないように注意

ただ、サイトのテーマと本文を合わせるといっても、やりすぎてはいけません。たとえばSEOを意識しすぎている人の場合、タイトルや見出しに含めたテーマを、不自然といえるほど大量に本文中にも入れることがあります。確かに、昔であれば検索エンジンは「本文にたくさん同一キーワードが含まれている場合、そのキーワードについて詳しく書かれているページ」と判断していました。しかし、判断能力が進化している現在は、「同一キーワードが不自然に多く含まれているページは、検索エンジンの判断を誤認させようとしているスパムサイト」と見なすのです。
そのため、かえって検索結果の順位が下がったり、あるいは結果に表示されないといったことになってしまうので注意しましょう。

それぞれのページにコンセプトや説明があるか見ましょう。また全てのページの配置が似ているものには注意が必要です。ホームページ作成の実績をよく見比べ、その業者のページ作成に対する姿勢を見極めましょう。